婚活比較デラックス

婚活記事 TOP



婚活記事 45


さて米国防総省は、米軍内の同性婚配偶者が男女の夫婦の場合と同様に単身赴任手当などを受ける事ができるようにするらしい。連邦最高裁が6月に結婚を男女の間と限定した結婚保護法の規定を憲法違反とする初の判断を下した事を受けた措置だ。国防総省は配偶者や結婚という言葉には同性婚配偶者や同性婚が含まれると解釈すると表明。兵士や家族らの健康管理や医療提供を統括するシステムの登録や住宅手当や単身赴任手当の受給ができるようになるらしい。最高裁判決時に結婚していた同性婚配偶者には判決日にさかのぼって適用となる。これまで結婚保護法が壁となり、拡大対象は手当などの一部にとどまる予定だったが最高裁判決を受けて男女の夫婦と同等に拡大するようだ。さて恋愛相手の意外な一面を垣間見た時には、相手を惚れなおしたり、気持ちが冷めてしまったりも考えられる。当然見なければよかったと後悔することもあるだろう。でも恋愛相手が自分に見せない姿は気になってしまうのは仕方が無い。男女共に仕事をしているときに見なければ良かったと思うらしい。むろんオンとオフの違いや仕事場だからこそ現れる人間性など。たとえ少なからず誰にでもあるものだからしょうが無いのだが。もちろん恋愛相手の仕事姿を見てみたいのはしょうがない。少なくとも相手の事を思いやる事が結婚生活にも大事になるのだろう。



婚活の記事目次1

婚活の記事目次2


TOPページ

結婚相談所の口コミ


サイトマップ

(c) 婚活比較デラックス All Right Reserved.