婚活比較デラックス

婚活記事 TOP



婚活記事 55


昨今、婚活仲間同士などでは、恋人がいない歴は何年ですかと聞くのはわりと一般的かもしれない。しかし、年数を重ねると、あまりはっきり答えたくないものではないだろうか?恋愛だけが人生ではないし、あたかも常に恋してなきゃいけないみたいな風潮に翻弄されているだけなら、それは違う。でも本当に恋したい、結婚したいと思っているなら、相手がいないのは問題だ。男女とも2年以上恋人いない歴が、婚活女性は半数近く、婚活男性は半数超えという数字は、やはり切実なものを感じないわけにはいかない。婚活女性のコメントでは、出会いがないという意見が最も多く、25歳過ぎたらモテなくなった、歳をとると友人止まりが多くなるという微妙な年齢意識に裏打ちされた意見も。今までつきあったことがありません。
さて地域の魅力的な資源を生かした観光振興とスポーツ振興から、トゥインクルレースで知られる大井競馬場を貸し切りにし、特別区競馬組合および東京都競馬株式会社との共催で開催するマラソンイベント。普段は絶対に走ることのできない大井競馬場を貸し切り、ランナーが馬になりきって爽快にダートを駆け抜ける非日常体験が味わえるという。リレーマラソンは、年齢・男女を問わない一般、女性2名以上を含む男女混合、男女1〜4名で申し込み、1チーム5〜8名の混成で婚活の3種目があるそうだ。
。婚活を含め、恋愛では違うジャンルの異性に惹かれることもあるりますが長く付き合うパートナーとなると、似た者どうしが心地よいと感じる人は多いもの。こうした理由から考えても、友達の紹介は、結婚まで至る成就率も高いのかもしれませんね。つまり、友達が紹介してくれる人も、自分と同じ価値観や雰囲気であることが多い、ということになります。友達の友達であれば、趣味が近い、服装の雰囲気が近い、よく遊びに行く場所や街が近い、物事の価値観や政治観が近いなど、何らかの共通点があるものですし、プロフィールを見る限りでは良いと思ったのに、会ってみたらあまり理解できない系統の人だったということも比較的ありますね。
30代後半になるのに、いっこうに結婚する気になってくれないいつまでもフリーターで定職に就いていない。安定した収入もないし、このままでは結婚できない私たちが死んだ後、子供は誰と支えあって生きていくのか。病気にでもなったらどうするのかそんな思いを抱える親たちが通うのが、親のお見合い会。自分では結婚できない、結婚しようとしない本人に代わり、親同士が子供の相手を探す、いわば代理婚活の場なんです。
積極的に行動できない草食系男子が増えて来たことで、そんな婚活の形が有るのかもしれないですね。

やっぱり婚活は楽しんで活動すれば結果が出やすいかも知れない所ですね。



婚活の記事目次1

婚活の記事目次2


TOPページ

結婚相談所の口コミ


サイトマップ

(c) 婚活比較デラックス All Right Reserved.